アルバイト

アルバイト初日にすべきこと・気をつけること6つ

2017/03/21

いざアルバイトが決まって働く日が決まったとき、誰しも多少は緊張するものです。初めてのことが不安なのは皆同じだから、心配しなくても大丈夫ですよ。

今回は、アルバイトビギナーさんのために、バイト初日にすべきことや注意点などをご紹介しましょう。ぜひ順調なスタートを切って、楽しく充実したアルバイト生活を送りましょう。

初日は少し早めに着くのがベスト

初めての日は教わることがたくさんあるので、余裕を持って約束の時間より15分くらい早めに着くのがベストです。

ギリギリだったり遅刻したりするのは印象が悪くなるので、NGです。どうしても遅刻してしまいそうな時は、その旨電話を入れましょう。

ペンとメモ帳はマスト

仕事の手順など覚えることを書き留めるため、ペンとメモ帳はバイト初日の必須アイテムです。

先輩は忙しい中あなたに説明してくれているので、同じことを二度聞くのは失礼に当たります。大切なことは忘れないよう、しっかりメモしておきましょう。

挨拶・自己紹介は全員にする

あなたに直接関わりのある人だけでなく、職場にいる全ての人にきちんと挨拶と自己紹介をしましょう。たとえ相手が年下でもタメ口は使わず、丁寧に接してくださいね。謙虚な姿勢は好印象です。

職場の人の名前を覚えよう

直接仕事を教えてくれる先輩はもちろんのこと、職場の人全員の名前と顔を覚えましょう。人は自分の名前を呼んでくれる人に心を開くので、その人に話しかけるとき、必ず「○○さん」と名前を呼ぶように心掛けましょう。「鈴木さん・メガネで長身の男性」など、その人の特徴を書いておくとすぐに覚えられます。

質問があればその場で聞く

本当はわかっていないのにわかったフリをするのはNGです。初日なら周りが優しく教えてくれるので、疑問に思ったことがあれば全て解消しておきましょう。TPOはわきまえつつ、遠慮しないで先輩に聞いてくださいね。

次回のバイトまでに完璧にしておく

例えば、飲食店ではメニューを覚える必要がありますが、メニューが多い店の場合は初回のバイトだけで覚えきるのは難しいでしょう。バイトが終わったらメニューのコピーを取ったり携帯で写真を撮ったりして、次回までにしっかり覚えるようにしましょう。

その他、家で練習できることは一通りやっておくと次回以降スムーズに働けます。

まとめ

アルバイト初日は覚えることがたくさんありますが、慣れればスムーズに働けるようになりますよ。緊張すると思いますが誰でも一度は通る道なので、しっかり頑張りましょう。

-アルバイト